医師の

紹介

お知らせ

院長

大塚博邦

    医療法人邦和会理事長

    大塚耳鼻咽喉科医院長

    日本医科大学連携教授

 7期連続(1期2年:2018~2019年)

 ”Best Doctors” の一人に選出されました

 

 

略歴

    昭和46年 和歌山県立医科大学 卒業

    昭和53年 同大学 耳鼻咽喉科教室 講師

    昭和55年 日本医科大学 耳鼻咽喉科学教室 講師

    昭和58~60年 カナダ(ハミルトン市)マックマスター大学留学

       病理学免疫部門(Prof. Jone Bienenstock)

       テーマ:鼻粘膜肥満細胞の研究で英論文5編

   平成元年 日本医科大学 耳鼻咽喉科学教室 助教授

   平成3年 同大学付属第二病院(現武蔵小杉病院)耳鼻咽喉科 部長

   平成10年 横浜市港北区日吉で診療所を開設

   平成25年 日本医科大学連携教授

著書:単著

 花粉症:専門のお医者さんが語るQ&A(保健同人社)

 花粉症:改訂新版、専門のお医者さんが語るQ&A(保健同人社)

 イラストレイテッドアレルギー性鼻炎(ユリシス出版)

 

著書:共著および分担

 

 内科学(医学書院)

 内科治療ガイド(文光堂)

 家庭医学大全科(法研)

 家庭医学館(小学館)

 今日の治療指針(2001年、2004年:医学書院)

 肥満細胞(メジカルレビュウ社)

 マスト細胞とアレルギー(医科学出版社)

 免疫・アレルギー疾患(中山書店)

 耳鼻咽喉科診療ハンドブック(南江堂)

 図説臨床耳鼻咽喉科講座(メジカルビュウ社)

 薬局:病気と薬の説明ガイド(南江堂)

論文

 英論文(原著)31編、和文原著、総説を含め358編

 

認定

 日本アレルギー学会功労会員

 日本アレルギー学会専門医

 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医

 

院長の今までの世界的業績

★テーマ1:アレルギー性鼻炎・花粉症の発症に最も重要な細胞である粘膜型肥満細胞を発見

 

    Otsuka H, Okuda M, Important factors in the nasal manifestation of allergy. Arch Otorhinolaryngology. 233. 227-35. 1981

 

    Otsuka H, Denburg J, Dolovich J, Hitch D, Lapp P, and 3 others. Heterogeneity of metachromatic cells in human nose: Significance of mucosal mast cells. J Allergy Clin Immunol. 76. 695-702. 1985

 

     Otsuka H, Inaba M, Fujikura T, Kunitomo M. Histochemical and functional characteristics of metachromatic cells in the nasal epithelium in allergic rhinitis: Studies of nasal scrapings and their dispersed cells. J Allergy Clin Immunol 96. 528-36. 1995

 

★テーマ2:アレルギー性鼻炎・花粉症の血液内未熟肥満細胞の動態の研究

 

     Otsuka H, Dolovich J, Befus D, Bienenstock J, Denburg J. Peripheral blood basophils, Basophil progenitors and nasal metachromatic cells in allergic rhinitis. Am Rev Respir Dis. 133. 757-62. 1986

 

     Otsuka H, Dolovich J, Befus D, Telizyn S, Bienenstock J, and another. Basophilic cells, and peripheral blood basophils in ragweed-allergen patients. J Allergy Clin Immunol. 78. 365-71. 1986

 

★テーマ3:アレルギー性鼻炎・花粉症の重要な粘膜型肥満細胞の増殖因子の発見

 

    Otsuka H, Dolovich J, Richardson M, Bienenstock J, Denburg J. Metachromatic cell progenitors and specific growth and differentiation factor in human nasal mucosa and polyp. Am Rev Respir Dis 136. 710-7. 1987

 

    Otsuka H, Kusumi T, Kanai S. Koyama M, Kuno Y, and another. Stem cell factor mRNA expression and production in human nasal epithelial cells: Contribution to the accumulation of mast cells in the nasal epithelium of allergy. J Allergy Clin Immunol 102. 757-64. 1998

 

★テーマ4:ヒトの粘膜型肥満細胞からのヒスタミンとロイコトリエンの遊離の時間的推移

 

    Otsuka H, Inaba M, Fujikura T, Kunitomo M. Histochemical and functional characteristics of metachromatic cells in the nasal epithelium in allergic rhinitis: Studies of nasal scrapings and their dispersed cells. J Allergy Clin Immunol 96. 528-36. 1995

 

    Kunitomo M, OtsukaH. Comparison of antigen-induced leukotriene and histamine release from nasal scrapings in allergic rhinitis.Rhinology. 43.199-204. 2005

 

★テーマ5:減感作療法(免疫療法)による粘膜型肥満細胞数の減少の発見

 

    Otsuka H, Mezawa A, Ohnishi M, Okubo K, Seki H, and another. Changes in nasal metachromatic cells during allergen immunotherapy. Clinical Exp. Allergy. 21. 115-9. 1990

 

★テーマ6:スギ花粉症の難治性において黄色ブドウ球菌とモラキセラカタラーリスが関与することを発見

 

    Otsuka H, Takanashi M, Okubo K. Analysis of cytology in nasal smear of Japanese cedar pollinosis before and in season. Arerugi 2012; 61:1092-1103

 

    Otsuka H, Takanashi I, Tokunou S, Endo S, Okubo K. Involvement of Staphylococcus aureus and Moraxella catarrhalis in Japanese cedar pollinosis. Am J Rhinol Allergy 2016; 30(2):99-106

 

★テーマ7:スギ花粉症の飛散前発症や重症化にウイルスの関与はない

 

    Otsuka H, Tsukagoshi H, Kimura H, Takanashi M, Okubo K. Are respiratory virus involved pre-seasonal symptom or severity in Japanese cedar pollinosis? Allergy Rhinology 2016; 7:62-68

 

★テーマ8:乳幼児における鼻アレルギー発症はいつ頃か?月齢14ヶ月までの乳幼児に吸入性アレルギーは存在しない。

 

    Otsuka H, Otsuka K, Matsune S, Okubo K. Assessing the onset of allergic rhinitis by nasal cytology and immunoglobulin E antibody levels in children. Am J Rhinol Allergy. 2018; 32(1):16-22. doi: 10.2500/ajra.2018.32.4503.

 

★テーマ9:スギ花粉症患者の難治化に対処できる治療法を発見。

 

    Otsuka H, Otsuka K, Matsune S, Okubo K. Nasal Symptoms Reduction and Decreased Neutrophilia in Japanese Cedar Pollinosis With Prophylactic Treatment With a Combination of Montelukast, Fexofenadine, and Fluticasone Nasal Spray. Am J Rhinol Allergy. 2019 Mar 1:1945892419831924. doi: 10.1177/1945892419831924.

医師紹介
Doctors

​副院長

大塚邦憲

 医療法人邦和会理事

   大塚耳鼻咽喉科医副院長

 新百合ヶ丘総合病院耳鼻咽喉科医長

略歴

 2003年 慶應義塾大学医学部 卒業

 2004年 川崎市立井田病院 耳鼻咽喉科
      恩賜財団 済生会横浜市南部病院 耳鼻咽喉科

 2005年 JA佐野厚生農業協同組合連合会 佐野厚生総合病院 耳鼻咽喉科

 2007年 財団法人神奈川県警友会 けいゆう病院 耳鼻咽喉科

 2009年 慶應義塾大学医学部 耳鼻咽喉科頭頸部外科 助教

 2012年 恩賜財団 済生会横浜市東部病院 耳鼻咽喉科 部長代理

 2018年 医療法人社団 三成会 新百合ヶ丘総合病院 耳鼻咽喉科 医長

 2020年 医療法人財団 健貢会 総合東京病院 耳鼻咽喉科 部長

専門分野

 手術

 頭頸部腫瘍、鼻副鼻腔疾患、甲状腺腫瘍、めまいなど。

認定

 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医

 日本耳鼻咽喉科学会専門研修指導医

アレルギー免疫療法の機序に関する論文

Otsuka K, Otsuka H, Matsune S, Okubo K.

 Allergen-specific Subcutaneous Immunotherapy for Japanese Cedar Pollinosis Decreases the Number of Metachromatic Cells and Eosinophils in Nasal Swabs During the Preseason and in Season. Immun Inflamm Dis. 2020 Apr 2. doi: 10.1002/iid3.301. Online ahead of print.

Otsuka K, Otsuka H, Matsune S, Okubo K.

 Decreased Numbers of Metachromatic Cells in Nasal Swabs in Japanese Cedar Pollinosis Following Sublingual Immunotherapy. Immun Inflamm Dis. 2020 May 28. doi: 10.1002/iid3.314. Online ahead of print.

© 20219 

Wix.comを使って作成されました

診療時間

​月・火・木・金・土午前

 午前   9:30~12:00

 午後 14:00~16:00

休診日

水・日・祝日・土午後

045-560-3207